一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

RX-7のエンジンオーバーホール その1 ~葛藤からの決意~





IMG_6125.jpg


IMG_6124.jpg


この度、一生RX-7宣言ブログ管理人レスポールが
愛車FD3Sのエンジンオーバーホールを行う運びになりましたので、
ご報告いたします。

オーバーホールに至った経緯と決断、オーバーホール後の感想を
ブログにつづっていきたいと思います。

これからエンジンオーバーホールをしようと考えている方の
背中を押したり、別の選択をしたりする際に役立てれば嬉しいです。

また、これからロータリー者に乗ろうとしている方、
レシプロエンジン乗りの方、スポーツカーに乗っている方、
乗ろうとしている方の参考にもなれば嬉しいです。




自分のFDに限ってそれはない・・とどこかで現実から目を背けていましたが・・
この度覚悟を決めました。

オーバーホールを決意するまでにかなり悩みに悩みました。

おそらく、ロータリー乗りにかかわらず、同じ車を乗り続けている方にとっては、
必ずぶち当たる壁だと思います。

多くの人はエンジンが逝った場合、泣く泣く愛車を降りるかもしれませんが、
レスはエンジンを直すことを決めました!


今回は、レスがエンジンを直すまでの苦悩と葛藤をブログに綴っていきたいと思います。
(エンジンオーバーホールが完了するまで、シリーズ化します)





今回、エンジンが走行距離約85000キロにも関わらず、
水回りトラブルの関係でエンジンオーバーホールを決めました。

以前、ブログにも書きましたが、純正水温計の警告音が鳴ってしまう病です。
ある日突 然、純正水温計から警告音が鳴り出すも、オーバーヒートしているわけでも、
クーラントが漏れたわけでもなく、原因不明のやつです。
オイルキャップのところにも水食いの形跡は見当たりませんでした。
(※約1年半前くらいに、初めて水温計の警告音が鳴ったときには、
その後なんともなくなってしまったので、そのまま乗っていました。)


とりあえず、クーラントが減っていたので補給(継ぎ足し)、
車屋に預けてクーラント交換&時間をかけてエア抜き、
ここ半年ほどはおとなしく、町乗りをしていました。


そして2016年2月久しぶりにFD3Sを動かし、ブーストをかけて流し、
その後、車庫へ入れようとしたところ、純正水温計の警告音が鳴り出しました。

その後、色々調べた結果、事象的に、  
ロータリーエンジンの外周にある冷却水が入って
エンジンの熱を吸収する部屋のウォータージャケットの壁が腐食して崩れ落ち、
冷却水が流れ出て熱を吸収できなくなり、オーバーヒートを起こし壊れてしまうに
当てはまる可能性が高かったため、この度、オーバーホール前提でエンジン内部を見てもらうことにしました。
(※今のところ、詳細な原因は調査中)







熱量の関係(詳細は割愛)などから寿命が短い(短いという言い方は正しくないかもしれませんが)と言われるロータリーエンジン。
しかし、結局は、寿命を短くするのも長くするのもすべては乗り手(オーナー)の問題。


今回は、自分の管理・メンテナンスが行き届かなかったのがすべての原因。
FD3Sに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

小さなことの積み重ねで、 気づかぬうちに水回りに負担をかけたのが、
今回の水回りトラブルの原因だと思われます・・

○前置き仕様のため、夏の立体駐車場では純正以上に水温が高くなり、負担をかけた。
○暑い日にも乗って、町中でゴーストップを繰り返して、その後停車して水温が高くなり、負担をかけた。
○そのほか色々←

クーリング走行をしても、暑い日にはどうしても停車後の水温が高くなってしまいます。泣
新車の時には何もなくても、既に管理人のFDも19年前の車両のため、普通の負担が
大きな負担になっていたのかもしれません。





さてさて、何はどうあれ起こってしまったことは仕方ないので、
オーバーホールまたはリビルドエンジン載せ替えを車屋さんへ相談し、
話を進めることにしました。


色々と話し合った結果、ほぼ間違いなく、購入時の車両価格よりもお金がかかることが判明しました。笑
人からはよく聞いていましたが・・この価格の差は本当に面白いですね。笑


とりあえず、これまで悩んで悩んでFDを放置していたので、
今回は勢いをつけてオーバーホールをすることに。




オーバーホール費用などの詳細は、整備が終わってから展開させて頂きますが、
オーバーホール費用最低50万円+その他純正パーツ交換(概算)=80~100万円
という感じに勝手な見積もりをしています。


さらにオーバーホールついでに色々やりたいことが出てくるのが
ロータリー乗りの宿命←
この機会にVマウント化もしようと思っていますので、さらに結構 かかりますね。




こうなると大変なのが資金ですよね。
現状、資金的にはいっぱいいっぱいですが、
一気にやってしまった方が手間を考えると楽なので、、
やってしまおうと思います。笑

そうしますと、100万円を超えるお金が必要になります。笑
残された手は、ローンを組んでオーバーホールをするわけです。




ここからがお金の苦悩なのですが、、

新しく車を買ったと思えば、100万円なんて安いかもしれません。
しかし、事業を始めるために既にローンを組んでいる管理人にとっては、頭を悩ませます。笑

事業もやっているので、事業の資金はあるのですが、
事業で使う資金を修理代金に使うわけにも行きません。


実際、 ローンも何もなければ、100万円くらいならどうにかなる金額ですので、
何も悩むことなく、オーバーホールのローンを組んだと思います。というかお金の嘆きもブログに書かなかったと思います。笑




今回の修理は、キャッシュが戻ってくる投資ではないため、経営者としては失格です。。
しかし、RX-7への愛には勝てないのです!!←


また、お金を貯めてから直すという方法もありましたが、
下記の理由から、お金を貯めてから修理という方法は選びませんでした。
○2016年4月に車検が控えている。
○お金を貯めてから修理するとなると、お金を貯める時間が必要。
そのときにまた純正部品は高騰、また、車体はどんどん劣化していく。
(※どうしても時間と共に痛ん でいくのでは機械の宿命です。同時にドライバーの劣化も。笑)


お金はローンなどでなんとかなりますが、時間は限られています。







お金持ちの方には、悩むことがない問題かもしれませんが、
資金に余裕のない管理人ならではの葛藤がありました。笑

このなんともいえない気持ちを発散するという意味で、ブログに書きましたw

相変わらず汚い文ですみませんw








==========
エンジンオーバーホールなどで愛車に高いお金をつぎ込む際に考えて欲しいことまとめ。
(※順次、追加するかもしれません。)


1.勢いも大切


2.新しい車を買うんだと言い聞かせる


3.お金はなんとかなる。


4.今という時間は今しかない


==========







オーバーホール作業の進捗がありましたら、またブログの方で続編を書かせて頂きます^^
可能な限り、リアルタイムで情報を発信していきたいと思いますので、エンジンオーバーホールを検討されている方に読んで頂けたら嬉しいです。





~お知らせ~
オーバーホール資金を集めるためにストックパーツや友人委託のパーツを販売中です^^
なお、ブログ読者様限定でお値引きもさせて頂きますので是非のぞいてみて下さい^^

→レスポールのFD3Sストックパーツ、友人車両の各種パーツを放出中です!←






レス
スポンサーサイト

 

中古のスポーツカー、スポーティーカーのメンテナンスのハナシ






スポーツカー、スポーティーカーに乗っている人で、
1から100までメンテナンスできている人がどれくらいいるでしょうか。


正直な所、私も1から100までメンテナンスはできていません。


中古車のスポーツカー、スポーティーカーを購入した時点で、
その中古車を本気でメンテナンスをする気になれば、それこそ何十万円とかかります。
イグニッションコイル、タイミングベルト、ウォーターポンプ、燃料ポンプ・フィルター、
ハブ、エンジンからのオイルにじみ、ブッシュなどなど・・

いま思いついたのを挙げただけでも、これだけあります。
突き詰めていけば、もっと交換したほうがいい部品があります。








まだ使えるから、まだ乗れるから、まだ大丈夫だから(完全にドライバー目線ですが...)

なんか異音するなー・・・
まっ、でも大丈夫だろう。

乗り心地悪くなったなー・・・
まっ、でも乗れるからいっか。


こんな感じで、だましだまし、車を乗っている人が多いのではないかなーと思っています。
(私もその1人です。)





お金持ちの人または車に毎月ウン十万円使える方であれば、しっかりメンテナンス費用にお金をかけてあげられると思いますが、昨今の不景気や消費税増税などもあって、そういう方は少ないんじゃないかなぁと思います。




あとチューニングも考え直さないとダメですよね。
車体あってのチューニングですもんね。
車体が快調であってこそ、チューニング効果も存分に発揮できるわけですからね。
まず、メンテナンスをしっかりしないといけませんよね。



特に若いときって、スポーツカーってGTウイングつけとけばカ ッコイイっていう
イメージありませんか?笑

私は、そうだったんですね~←
他にやるべきメンテナンスがたくさんありました~(笑


本来であれば、チューニングよりもメンテナンスを先にやったほうがいいのにも関わらず、
社外のマフラーだの、触媒ストレートだの、タービンだの、エンジンチューニングだの
手を出しちゃうんですよね。

















車も人間もそうなのですが、普段のステータスは「元気」ではなく、
「未病」のステータスなんですよね。

まだ、病気ではない(壊れてはいない)っていう状態です。




車の場合:
壊れたから、劣化したから → 修理、交換する。


人間の 場合:
風邪を引いたから → 病院で薬をもらう。
ガンが見つかったから → 手術受ける。食事や飲酒を制限する




できることであれば、普段(未病)のうちから、車の状態・自分の健康状態を把握するよう心がけ、
大事に至らないように、部品の予防交換や食生活の見直しなど、していきたいですよね。


いや、そうしていくべきですよね。



→レスのRX-7(FD3S)の維持費を覗く










今日はあれこれ書きなぐってすみません。
いつもどおり、色々と下半身が脱線しましたが、←?

とりあえずまとめておくと。





欲しいチューニングパーツがあっても、そのまえに色々とやるべきことがないかどうか
探してみてもいいかもしれませんね。ってことで。








今日はこんな感じで。







/レス

 

RX-7(FD3S)にレーシングプラグを使うな! 純正同等のNGKプラグ BUR7EQP BUR9EQを使ってみたよ



こんにちはレスです。


ということで今日はプラグの話。


先日、久しぶりにプラグ交換を実施しましたので、ブログに書いておきます。



~準備するもの~

◇プラグ
プラグ一覧
L側 BUR7EQP 2本
T側 BUR9EQ  2本

プラグはいつものカメハウスより購入。
振込確認および発送が早く、対応も親切です。



◇ラチェットとソケット
ラチェットソケット

・KTC 9.5sq コンパクトフレックスショートラチェットBRC3FS
ラチェットはココ



・KTC B3A-20.8Pソケット
ソケットはココ



プラグ交換工賃が馬鹿にならないので、今後は自分でプラグ交換を行という方は、
ラチェットとソケットを持っていたほうがいいと思います。


このラチェットは、首の部分が曲がるタイプになります。
FDのプラグが刺さっている箇所は、手元がクソ狭くなりますので、
首が曲がるタイプのラチェットのほうが純正ラチェットよりも使いやすいです。


首を曲げた状態で絞めたり、いろいろ使えますので便利でした。
※他の整備でも使えますし、イイかなと思って買いました。






~プラグ交換手順~
今回はジャッキアップせずにボンネット側からプラグ交換をしていきます。


初めての方は、プラグの位置をよく見るということで、ジャッキアップしてウマをかけて、
下側からやってみるのもいいと思います。


私のFDは、オイルエレメントが移動してあるので、これを外して作業します。

パイプやそのほかもろもろ外したほうが作業効率は上がると思います!


私は面倒くさがり屋なので、プラグ交換ではここしか外しません←


移動式オイルエレメント






いや、もうFD3Sは狭いですよね。
上側からのプラグ交換は、ほぼ手探り。

それはもう、初のアレのように手探りで気持ちいいところを探していきます。

ただ、FD3Sは声を出さないので、難しいです。




さっそくプラグを取り外して新旧比較した図。
良い感じに焼けているのかどうかワカメですが、
こんな感じです。
プラグ焼け具合

良い感じに焼けているプラグは、キツネ色です。


ちなみに、プラグは一本ずつ交換したほうが間違えずにすみます。


交換したプラグ置き場となる純正タワーバー。
ぜってー、マツダの奴らはプラグ置きのために穴開けたと思います。
プラグ置き場




※もし、下側からプラグ交換を実施する際、プラグが固くてラチェットが回らない場合は、こういったパイプを
使用して、先っちょを持って回すと良いと思います。
パイプ



プラグ交換後は、しっかりプラグコードがプラグに刺さっていることを確認しましょう!




私は、R側のプラグ一本が固すぎて苦戦したため、1時間ちょっとかかってしまいました。
※恐らく、前回プラグ交換をした際に締めすぎました←


皆さんも、締めすぎには注意してください。
※最悪、エンジンを下すハメになります。


プラグ交換じたいは、慣れた方なら30分もかからずにできると思います!



ちなみに・・ボンネット側からプラグ交換した後は、必ずと言っていいほど腕がこうなります(笑)

腕へのダメージ


マシンそれぞれだと思いますが、ABSやらその他もろもろのパイプやタイラップやらがドMのあなたを責めあげます。







~今回、選択したプラグについて~

FD3Sには、リーディング側とトレーリング側の2カ所にプラグが2本ずつぶっさしてあります。

★google先生で確認したところ、各カ所の意味は以下の通り。
リーディング(leading)=主要、先導、前方
トレーリング(trailing)=けん引、追従、後方

★RX-7(FD3S)純正指定のプラグ番数は以下の通り。
年式H3.11~H5.1
L側 BUR7EQP
T側 BUR9EQP

年式H5.2~H14.8
L側 BUR7EQP
T側 BUR9EQ

とまぁ基本知識は、この辺で。



私のFDは平成9年車なのですが、今まで私は
L側 BUR7EQ
T側 BUR9EQ
を使用していました。


ところがよくよく調べてみると、平成9年車ですとL側はBUR7EQPというプラチナプラグを使用している
ことに気が付きました。(プラチナのP!)

というわけで、FD購入後初のプラチナプラグを購入してみたわけです。




~プラグとプラグコード交換時期のハナシ~

一般的にプラグ交換はオイル交換2回に1回
(約6000キロ前後に1回)

一般的にプラグコード交換は10,000万キロに1回

と聞いたことがあります。
(某ロータリーショップより)


上記以外の場合でも、私がプラグやプラグコードを交換する目安はこちらです。

○アイドリングがいつもより少し変
(不安定、信号待ちの時にアイドリングが400ぐらいまで下がったりする)
○アフターファイヤーがいつもより多い
○エンジンのかかりが
「キュキュ、ボン」→ 「キュキュキュキュ、ボン」になった

上記現象が発生した場合、とりあえずプラグを交換して、
それでもダメな場合は、プラグコードを交換するようにしています。

私は、前のオーナーがいつ交換したかわからないプラグコードを装着していたのですが、
プラグコードを交換したことによって、以前よりアイドリングが安定しました。


しかし、慢性的にアイドリングが不安定な方は、別の原因も考えられますので、車屋さんで調べてもらうことをお勧めします。
古い車ということもありますので、不調の原因はたくさん考えられます。

ちなみに、プラグコードがプラグにしっかりささっていないだけでも、アイドリング不調や最悪の場合はエンジンブローまであるそうです。




~純正プラグを進める理由~

私もスポーツカーと言えば、レーシングプラグと思っていましたが、違うようです。

サーキットをガンガン走る方以外には、純正をオススメします。
街乗りが多く、普段も回転を上げない車両にレーシングプラグを付けますと、かぶりやカーボン付着が多くなるので注意してくださいね。

車両の仕様や使用用途に合ったものをオススメします。



レーシングプラグを使用する場合、サーキットを走る時だけレーシングプラグを使用するぐらいがマシンにとっては良いようです。
(サーキット場への行き来は純正プラグぐらいの勢い)


ちなみにレーシングプラグは純正プラグよりも自己洗浄温度が高いです。
そのため、街乗りなどが多いとなかなか自己洗浄温度に達しないため、カーボンをうまく燃焼できずに、かぶったり、失火してしまうそうです。



私のFDは街乗り(ゴー・ストップ)が多いため、純正と同等のプラグを使用しています。

チューニングカーでも、純正プラグを使用していることもあるそうですね。
それぐらい純正は万能ということでしょうか。


ちなみに私は、純正の良さを知ってから社外強化パーツの良さを体感しなさいと後輩に指導するタイプです←




特に一度もプラグやプラグコード交換していない方、プラグを引っこ抜くとガソリンが付着していたりなんだりと、
小さいことにも気が付くことができますし、

最悪、タービンぶん回しているときにプラグが失火してブローなんてこともあるそうなので、
オイル交換同様にこまめに見てあげることが必要です。

エンジンの爆発を生み出してくれる起爆剤ですからね。

このプラグがしっかりしていないと始まりません。






2014年現在、純正同等のNGKのプラグとプラグコードを使用してますが、アイドリングも安定していて今のところ良好ですね。
NGKプラグコードはこちら

※前期・後期の違いがありますので、注意してくださいね。




いやー毎回思いますが、ほんとロータリー車はレシプロ車よりも
少し神経質になるぐらいの気持ちで乗ったほうがいいですね。
少し何かあっただけで、すぐ不調になりますものね。


楽しさを生み出してくれるのは、メンテナンスされたFD!

パフォーマンスを最大限に発揮できるよう、日頃の
メンテナンスは欠かせないようにしたいですね。



それでは!









レス

 

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ

FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 Carbon ボンネット
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


AKRacing/ゲーミングチェア Pro-X ブルー
自宅でもレーシング気分
→レビューはコチラ

スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


09
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。