一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に                                 峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

オフ会中止と不思議な話



こんばんは。少し間が空いてしまいすみません。

実は、7月7日に開催を予定していた、当ブログ主催のオフ会ですが、
私のFD3Sにトラブルが発生し、中止となりました。


7月4日の雨の夜を走行中、突然、

「ピーーーーーーッ」

たまごっちやデジモンをつまようじでリセットしたときのような純正水温計の警告音が...
あれは本当にトラウマレベルの音です。

クーラントの量が規定よりも足らなくなった場合にお知らせしてくれるやつです。
(※間違っていたらごめんなさい。)


私は以前、ホースがさけたため、純正水温計の警告音を鳴らした経験があり、
それから、RX-7には常時2~4リッ トルのクーラントをストックしております。

今回は、常備していたクーラントで命拾いをしました。

邪魔にならない道端やコンビニで停止してクーラントを継ぎ足し、発進、そしてまた停止と、
3回ぐらい停止しました。汗
(たぶん、1~2回目に停止したときは、クーラントを入れた量が少なかったのかもしれません。汗)

3回目のときは、キャップを外した状態でエンジンをかけ、
クーラントを注いで、気泡が出なくなるまでそのままにしました。
あと、下のホースをもみもみして、色々な所に送ってやりました。


1回エンジンを停止させると、ある程度、エンジン(クーラント)を冷まさないと
キャップを触ることができなので、3回停止して、全部で2時間 以上も時間を使ってしまいました。

まだかな、まだかな。まだ冷えないかな。という感じで、
何回もキャップに触れては確認を繰り返していました。

熱い時にキャップを少しまわしたら、「プシャァァァァァァアァァァ」と
ロータリーエンジンの音ばりに、噴射して、かなりあせりました。汗

「熱いとき触るな」っていうのをちゃんと守ろうと思いました。汗

私のようなことにならないように、水周りを触るときは、作業用グローブが必須です。
必ずつけてください。装着しないと、火傷します。





その日はなんとか帰宅することができ、
ガレージにしまったセブンへ、何回もお礼を言いました。
セブンには感謝しかありません。




簡単に点検してみましたが、
1.目に見えるところのホースの割れ、裂けなどはなし。
2.クーラントを入れる注入口のキャップ、エアセパレータタンクのキャップともに、
  サビなし。
3.サブタンクにもクーラントを注入しましたが、大きく減った様子はなし。
4.水食い時におきるような、白煙、アイドリングのバラつきもなし。
  エンジンも一発でしっかりかかりました。

クーラントもまめに交換を心がけているので、うーん。
たぶん、目に見えない所で、漏れているのかなぁ....

あとは、久しぶりに乗った+しかも暑い日+水温達も100度近くいったことで、
ホースたちが興奮して膨張したので、なんか思ったより膨張して、ホースがやられて、
漏れたぐらいし か考えられません。

日中、水温が100度近くに行きましたが、その後はすぐにエンジンを停止せず、
ラジエータに風をあててから停止させているので、停止後にオーバーヒート温度である
120度までは達していないはず...


私は、樹脂の色が変色している純正ラジエータを使用しているため、
そこからの漏れも考えられる。
そして、交換しようと考えていた純正水温センサーも怪しい。


近々、車屋さんにダイアグチェック、点検をしてもらってきます。










オフ会当日にこういう状況にならなくて本当によかったと思いました。
もし、オフ会当日に水温トラブルを起こしていたら、
参加者の皆様にご迷惑をおかけしますしorz、
高速道路を走行予定だったので、緊急停車などすぐにできないですもんねorz
高速道路などでトラブルを起こしていたら、後続車と事故も起きかねません。

セブンが守ってくれたのだと思います。


それともう一つ...
実は、7月7日は独立開業のプロジェクトで
できれば外したくない用事がありまして..

その用事が決まったのは、オフ会の日程を確定した後に話がありまして...
でも、1年に1回の日(セブンミーティング)だから、参加しようと考えていた所の水温トラブル....


私のセブンから、

「お前、オフ会してる場合じゃないだろ。そっち行かなきゃダメだろ。」

と、言われたような気がします。




いつも、セブンには助けても らってばかりで頭が上がりません。
これからも大切にして乗っていいきます。


セブンは、しっかり応えてくれる車です。
今回の件で、改めて身に染みました。



/レス
スポンサーサイト

 

RX-7(FD3S)のアイドリングが上がりすぎて不調。 果たして、その原因は・・!?

私の友人の平成3年式 Ⅰ型のRX-7(FD3S)にて起きた事象です。


SCOOTボンネット、Vマウント、社外エアクリ、社外マフラー、パワーFC制御の仕様です。
走行距離は、オーバーホール後、4万キロ台です。


一般的なチューニングが施されており、走行距離(エンジンの圧縮)も
問題がなさそうな、FDなのですが・・


なんと、アイドリングが上がったり下がったりとバラついた挙げく、アクセルを踏んでいないのにも関わらず、
勝手に走ってしまうとのことでした。


初めてこの話を聞いたとき、

これは・・、自動運転を取り入れた、未来のRX-7だ!!


・・と、思いましたが、それどころではありません←



その時の様子を動画で撮影してもらったので、掲載させていただきます。(動画)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








※車が停止した状態で撮影しており、ドライバーは何もしていません。




~原因~

友人は、ショップの方に色々と調べてもらったところ、
どうやら、AACバルブが原因だったようです。

このAACバルブを洗浄したところ、アイドリングが正常に戻ったようです。

しかし、戻ったと思ったのもつかの間・・・
エンジンが冷えすぎている状態だと、再発してしまうとのこと。

暖気運転を行えば、正常なアイドリングに戻るとのことでした。


原因究明は、まだまだ続きます。
※何か進展がありましたら、追記いたします。




今回の私の友人のFDのように、エンジンのオーバーホールをしていても、不調はありえます。
エンジン以外にも、補機類(パイプなど)や電子部品(発電機、センサーなど)などが正常な状態でなければ、
元気な走りは見せてくれません。


純正CPUまたは純正置き換えCPUであれば、ダイアグチェックにて、悪いところが番号で分かるので便利です。
しかし、その他のCPUですと、ダイアグチェックが実施できないため、原因究明は、しらみつぶしに見ていくしかありません。


いずれのCPUを装着していようとも、普段の気付きが重要になってきますので、少しでも気になるところがありましたら、
見逃さないようにしてくださいね^^








改めて言いますが、FDは古い車です。


新しい車のように、オイル交換だけを定期的にしていれば、元気に走るとは限りません。


年数が経過している車では、ドライバー自身の役割が大きくなってきます。


ドライバーが考えて、小さな変化に気が付かなければいけません。



近年では、MT→AT車の増加、自動運転、アラウンドビューモニター、バックカメラ、衝突被害軽減ブレーキなど、
時代の変化によって、車も変化してきました。

それらの機能が、私達ドライバーの考える能力・感覚を衰えさせているように思います。



古い車は新しい車と比べて、大変だったり、面倒だったりしますが、
そういう経験を通して、ドライバー自身が成長(勉強)させてもらっているのだと思います。








というわけで、これからも古い車も大切にしてきましょうね!



話が少し脱線しました。失礼しました。



私も気をつけなきゃです。汗




皆さんのFDは大丈夫ですか?




レス

 

RX-7(FD3S) 信号待ちのときにアイドリングが不安定!? 原因調査した結果・・



これはFDを購入してまもない頃の話です。



信号待ちで停止すると、時々アイドリングが300~400まで落ち込む時がありました。
(止まりそうになったり、ならなかったり。ブルブルしてました。)

走り出せば問題なく、また時々停止するとアイドリングが不安定になるということがありました。




当時、180sxから乗り換えたばかりの私は、アイドリング不調が渋滞時などによく起こることから、


「ロータリーは熱に弱いから仕方ない」とか「熱でダレてるのか?」とか


訳の分からないことを考え、悩んでいました。


でも、「ロータリーエンジンだから・・」といって特別な見方をしてはいけないことに気が付きました。


どんなエンジンを積んでいても、どんな車でも、全ては機械です。


メンテナンスをしなければ、壊れる(劣化する)だけです。



というわけで、一念発起し、アイドリング不調の原因を探ることに。


古い車なので、アイドリングひとつとっても原因はいろいろ考えられました。


そこでまず、180sx時代にもやったエアフロの清掃を考えましたが、FDにはエアフロが無い・・






んーーー。パーツ代も安くて、自分でもちょちょいと交換できるところは何かないかと考えたときにプラグとプラグコードが挙げられました。




さっそく、プラグを交換したところ、以前よりはアイドリングが安定したものの、
やはり、渋滞時などに時々不安定になってしまい、解決にはいたらず。

→NGKプラグレビュー



そして次に、プラグコードを交換してみました。
すると、信号待ちなどで停止した際に、まれーーーにアイドリングが低くなることがあるものの、
以前よりは格段に解消されました。

また、少しだけ加速にキレが戻ったような感じがしました。

→NGKプラグコードレビュー





たまーにアイドリングが低くなってしまうのは、
おそらく、スロットルセンサーやコイルの劣化、エンジンの圧縮が低くなってきたことなど、
他にも複数の原因が考えられます。


古い車のため、どこがおかしくても不思議ではありませんね(汗





ただ乗れれば良いのではなく、調子が良いFDに乗りたいので、
これからも少しずつアイドリング不調の原因を調べていきたいと思います。







今日もありがとうございました。






レス

 

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ


FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT Carbon
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


DESSPEEDDES レーシンググローブ
FIA公認
<今後購入予定>
スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


03
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。