一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に                                 峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

RX-7のエンジンオーバーホール その1 ~葛藤からの決意~



IMG_6125.jpg


IMG_6124.jpg


この度、一生RX-7宣言ブログ管理人レスポールが
愛車FD3Sのエンジンオーバーホールを行う運びになりましたので、
ご報告いたします。

オーバーホールに至った経緯と決断、オーバーホール後の感想を
ブログにつづっていきたいと思います。

これからエンジンオーバーホールをしようと考えている方の
背中を押したり、別の選択をしたりする際に役立てれば嬉しいです。

また、これからロータリー者に乗ろうとしている方、
レシプロエンジン乗りの方、スポーツカーに乗っている方、
乗ろうとしている方の参考にもなれば嬉しいです。




自分のFDに限ってそれはない・・とどこかで現実から目を背けていましたが・・
この度覚悟を決めました。

オーバーホールを決意するまでにかなり悩みに悩みました。

おそらく、ロータリー乗りにかかわらず、同じ車を乗り続けている方にとっては、
必ずぶち当たる壁だと思います。

多くの人はエンジンが逝った場合、泣く泣く愛車を降りるかもしれませんが、
レスはエンジンを直すことを決めました!


今回は、レスがエンジンを直すまでの苦悩と葛藤をブログに綴っていきたいと思います。
(エンジンオーバーホールが完了するまで、シリーズ化します)





今回、エンジンが走行距離約85000キロにも関わらず、
水回りトラブルの関係でエンジンオーバーホールを決めました。

以前、ブログにも書きましたが、純正水温計の警告音が鳴ってしまう病です。
ある日突 然、純正水温計から警告音が鳴り出すも、オーバーヒートしているわけでも、
クーラントが漏れたわけでもなく、原因不明のやつです。
オイルキャップのところにも水食いの形跡は見当たりませんでした。
(※約1年半前くらいに、初めて水温計の警告音が鳴ったときには、
その後なんともなくなってしまったので、そのまま乗っていました。)


とりあえず、クーラントが減っていたので補給(継ぎ足し)、
車屋に預けてクーラント交換&時間をかけてエア抜き、
ここ半年ほどはおとなしく、町乗りをしていました。


そして2016年2月久しぶりにFD3Sを動かし、ブーストをかけて流し、
その後、車庫へ入れようとしたところ、純正水温計の警告音が鳴り出しました。

その後、色々調べた結果、事象的に、  
ロータリーエンジンの外周にある冷却水が入って
エンジンの熱を吸収する部屋のウォータージャケットの壁が腐食して崩れ落ち、
冷却水が流れ出て熱を吸収できなくなり、オーバーヒートを起こし壊れてしまうに
当てはまる可能性が高かったため、この度、オーバーホール前提でエンジン内部を見てもらうことにしました。
(※今のところ、詳細な原因は調査中)







熱量の関係(詳細は割愛)などから寿命が短い(短いという言い方は正しくないかもしれませんが)と言われるロータリーエンジン。
しかし、結局は、寿命を短くするのも長くするのもすべては乗り手(オーナー)の問題。


今回は、自分の管理・メンテナンスが行き届かなかったのがすべての原因。
FD3Sに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

小さなことの積み重ねで、 気づかぬうちに水回りに負担をかけたのが、
今回の水回りトラブルの原因だと思われます・・

○前置き仕様のため、夏の立体駐車場では純正以上に水温が高くなり、負担をかけた。
○暑い日にも乗って、町中でゴーストップを繰り返して、その後停車して水温が高くなり、負担をかけた。
○そのほか色々←

クーリング走行をしても、暑い日にはどうしても停車後の水温が高くなってしまいます。泣
新車の時には何もなくても、既に管理人のFDも19年前の車両のため、普通の負担が
大きな負担になっていたのかもしれません。





さてさて、何はどうあれ起こってしまったことは仕方ないので、
オーバーホールまたはリビルドエンジン載せ替えを車屋さんへ相談し、
話を進めることにしました。


色々と話し合った結果、ほぼ間違いなく、購入時の車両価格よりもお金がかかることが判明しました。笑
人からはよく聞いていましたが・・この価格の差は本当に面白いですね。笑


とりあえず、これまで悩んで悩んでFDを放置していたので、
今回は勢いをつけてオーバーホールをすることに。




オーバーホール費用などの詳細は、整備が終わってから展開させて頂きますが、
オーバーホール費用最低50万円+その他純正パーツ交換(概算)=80~100万円
という感じに勝手な見積もりをしています。


さらにオーバーホールついでに色々やりたいことが出てくるのが
ロータリー乗りの宿命←
この機会にVマウント化もしようと思っていますので、さらに結構 かかりますね。




こうなると大変なのが資金ですよね。
現状、資金的にはいっぱいいっぱいですが、
一気にやってしまった方が手間を考えると楽なので、、
やってしまおうと思います。笑

そうしますと、100万円を超えるお金が必要になります。笑
残された手は、ローンを組んでオーバーホールをするわけです。




ここからがお金の苦悩なのですが、、

新しく車を買ったと思えば、100万円なんて安いかもしれません。
しかし、事業を始めるために既にローンを組んでいる管理人にとっては、頭を悩ませます。笑

事業もやっているので、事業の資金はあるのですが、
事業で使う資金を修理代金に使うわけにも行きません。


実際、 ローンも何もなければ、100万円くらいならどうにかなる金額ですので、
何も悩むことなく、オーバーホールのローンを組んだと思います。というかお金の嘆きもブログに書かなかったと思います。笑




今回の修理は、キャッシュが戻ってくる投資ではないため、経営者としては失格です。。
しかし、RX-7への愛には勝てないのです!!←


また、お金を貯めてから直すという方法もありましたが、
下記の理由から、お金を貯めてから修理という方法は選びませんでした。
○2016年4月に車検が控えている。
○お金を貯めてから修理するとなると、お金を貯める時間が必要。
そのときにまた純正部品は高騰、また、車体はどんどん劣化していく。
(※どうしても時間と共に痛ん でいくのでは機械の宿命です。同時にドライバーの劣化も。笑)


お金はローンなどでなんとかなりますが、時間は限られています。







お金持ちの方には、悩むことがない問題かもしれませんが、
資金に余裕のない管理人ならではの葛藤がありました。笑

このなんともいえない気持ちを発散するという意味で、ブログに書きましたw

相変わらず汚い文ですみませんw








==========
エンジンオーバーホールなどで愛車に高いお金をつぎ込む際に考えて欲しいことまとめ。
(※順次、追加するかもしれません。)


1.勢いも大切


2.新しい車を買うんだと言い聞かせる


3.お金はなんとかなる。


4.今という時間は今しかない


==========







オーバーホール作業の進捗がありましたら、またブログの方で続編を書かせて頂きます^^
可能な限り、リアルタイムで情報を発信していきたいと思いますので、エンジンオーバーホールを検討されている方に読んで頂けたら嬉しいです。





~お知らせ~
オーバーホール資金を集めるためにストックパーツや友人委託のパーツを販売中です^^
なお、ブログ読者様限定でお値引きもさせて頂きますので是非のぞいてみて下さい^^

→レスポールのFD3Sストックパーツ、友人車両の各種パーツを放出中です!←






レス
スポンサーサイト

 

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ


FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT Carbon
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


DESSPEEDDES レーシンググローブ
FIA公認
<今後購入予定>
スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


01
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。