一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX-7(FD3S) クーラントトラブル 漏れ? 水食い? まさかのエンジンブロー!?



2013年12月頃に起こったトラブルを書いておきます。



いつも通り、FDで実家へ帰宅。
翌日、早朝から出かける用事があったため、
車へ乗りこみエンジンをかける。


数秒後、 「ピーーーーッ」 Σ(゚д゚;)ハッ



よく見ると純正の水温計ランプが赤点灯!!
とうとうエンジンが逝ったかと絶望orz



ムムッ と、川平慈英なみに反応し、
すぐにエンジンを切る。




Google先生の力を借りて調べたところ、
純正の水温計が赤点灯する原因は以下が考えられた。



①クーラントがホース(ヒーター関連含む)などから、漏れている。


②エアーが噛んでしまい、クーラントが減っている。


③エンジンがクーラントをばくばく食べている。







まずは①から、うーーーーん。ボンネットを開けて確認するも、特に異常は無さそう。



次に②および③について、リザーバータンクの
クーラントは減っていなそう。
しかし、クーラント注ぎ口の箇所を確認したところ、
クーラントが減っている様子がうかがえる。
取り急ぎ、クーラント注ぎ口よりクーラントを補充。



そして、試しにエンジンをかけてみたところ、
「シュィィィィィイン」と軽快なエンジン音が。
はて?なぜか分からないまま、少し走らせてみた。

その日はその後問題なし。




数日後、外出した際にまた純正の水温計が赤点灯!!
再び、クーラント注ぎ口よりクーラントを補充。



しかし、別の場所へ移動したときに再度、純正の水温計が赤点灯!
なんとかすき家へ避難。


取り急ぎ、コク味噌野菜牛丼大盛り健康セットを食べる。


その後、すき家でクーラントを補充。



すき家で「ピーーッ!」 → 実家で「ピーーッ!」

という、とんでもない警告音ドライブになりました。





実家にてオイルフィラーキャップを開けたところ、
白くなっていることに気が付く。
DSC_3407.jpg

これってクーラント食べてるじゃん...

と思いきや、普段走らせない車では、
そういう状態になることもよくあるとの回答を
ガレージの方から頂き、一安心する。

エンジンが暖まる前にエンジンを切ったりすることを
繰り返すと、そうなることがあるらしい。



しかし、その日から水喰ってるんじゃないだろうかと
心配になり、エンジンブロー時の出費の計算地獄が始まる...



基本代金は25万円でー、ポート加工とかもしてもらおうかなー、
タービンもおろすからついでに交換しようかなー...

70~120万円くらいかな...........



ばかっ(゚Ω゚;)!!!!!そんなお金は無い!




水喰いエンジンではないかどうかの不安が
払拭できないため、とりあえずガレージの
お兄さんに預けることに。

↑早めに預けろよ





数日後、ガレージから連絡が、

「ホースからクーラントが漏れてただけだよ♪よかったね♪」




ヨカッタァァァ・°・(ノД`)・°・ァァァ

声にならない喜びが込み上げてきたのは内緒。



ほっと安心したのもつかの間、自分の情けなさにorz



どうやらこのエアセパレーターから出ているホースが
ベルトと干渉して裂けてしまい、クーラントが
漏れていたとのこと。





よく考えたら、駐車場に緑の液体があったな...
下回りを見るのすっかり忘れていましたorz...

なぜベルトに干渉していたか不明。
いつ干渉してもおかしくない位置に配置されているので、何かのタイミングでベルト側に寄ってきてしまったと思われる。





今回は、クーラント交換、プラグコード、
オイル&オイルエレメント交換、ラジエータキャップ、
エアセパレーターキャップを交換し、絶好調のFDが帰ってきました。


ちなみに今回使用したものは純正同等のラジエータキャップ
→詳細はコチラ

ドレスアップしたい方は、RE雨宮から出ているキャップをオススメです。
詳細はコチラ

※チューニングされていない方は、純正もしくは
純正同等のラジエータキャップをオススメします。

内部圧力を上げれば、沸点が上がり、冷却効率が
上がると言われていますが、圧力を上げる分、
補機類に負担がかかりますので、注意して下さいね。





今回の反省を生かし、クーラント交換はこまめに行おうと思いました。
クーラント交換をこまめに行うことで、水周りトラブルを早期に発見し、
修理代金を減らすこともできますし、きっちりクーラント交換を
することによって愛車もずっと健康でいられます。

お金がたくさんかかるまえにできることはやっておこうと思いました。


また、あれからFD車内にクーラント液を常備するようにしました(笑
自分の為に、時には仲間のトラブル時のために。
DSC_3408.jpg




FD最終型発売から、12年目。
クーラントやラジエーターキャップを一度も交換されていない方は、
交換をお勧めします。



何かの参考になればうれしいです。




Les





Comments

Body

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ

FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 Carbon ボンネット
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


AKRacing/ゲーミングチェア Pro-X ブルー
自宅でもレーシング気分
→レビューはコチラ

スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


07
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。