一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に                                 峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE雨宮 AD HOOD 9 カーボン ボンネットを装着した結果・・・

全体画像




2013年の春ごろに購入したRE雨宮 AD HOOD 9のレビューをしたいと思います。
※今回のレビューは、とにかく写真をたくさん載せてみましたw





【取り付け方法】
細かいチリ合わせをする必要がありますが、取り付けじたいは簡単です。

今ついているボンネットのボルトを外して、雨宮のボンネットを装着するだけです☆
※ボンネットじたいは軽いのですが、二人でボンネットを持ちながら作業をしたほうが効率がいいと思います!
DSC_3921.jpg

DSC_3922.jpg


ボンネットが吹っ飛びますと、ガラスをつきやぶってきて命がなくなることもあるそうなので、ナットが錆びていたら、新しいものに交換しましょう!



あとは、ボンネットピンの取り付け(ボンネット側および車体側)をすれば完成。
※ここの調整が少し面倒くさいぐらいです。


純正アルミボンネットよりも軽いです!
FRPのほうを使用したことがないため、比較できなくて申し訳ないです><


ちなみに、RE雨宮のボンネット購入時にはボンネットピンが付いてきます。
自分のは中古で購入したので詳細は不明ですが、たぶんこういうのです。
DSC_3907.jpg

今はこういうタイプのボンネットピンは車検に通らない場所もあると聞いたことがありますので、
注意してください。
今の主流はエアロキャッチタイプかもしれません。

私は、こっちのほうがストリートっぽくて気に入っていますww←



【ボンネットをいろいろな角度から】
ダクト①
DSC_3923.jpg

DSC_3904.jpg


ダクト② ここも開いてます。(両サイド)
DSC_3905.jpg



遠くから
DSC_3951.jpg

少し近づいて
DSC_3952.jpg

もっと近くで
DSC_3954.jpg


運転席から
※見づらくてごめんなさい
DSC_3929.jpg


やっぱりボンネットひとつ変えるだけで、印象がガラッと変わりますね。



純正キャッチや純正ボンネットバーも使用できます。
DSC_3920.jpg

DSC_3916.jpg

拡大
DSC_3918.jpg







【RE雨宮 AD HOOD 9を使って感じた効果】
○水温が低下した。(詳細はテストを参照)
○熱を排出することによって、ボンネット内部の各部品への負担を減らす。
○とにかくカッコいい
○多少の雨が降っても、雨除けがあるのでボンネット内は濡れない。




【RE雨宮 AD HOOD 9水温テスト】
========================
2014年4月3日 雨たまに一瞬曇り
外気温:12.7℃(風が吹くと肌寒い気温)
コース:平坦な道の街乗り(ストップ&ゴーが多い)
走行距離:50km
走行速度:40~80km
雨除けカバーあり
ブースト:0.2くらいまで

☆結果☆
→ 水温は65~75℃


また、ワインディング(上り坂少な目)を速度90~120kmで走りますと、
水温が55℃ぐらいまで下がりました。オーバークールですね。
水温もある程度高くないと、パフォーマンスが発揮できないと
聞いたことがあります。



ちなみに...
2013年度のセブンミーティングの帰り(夕方ごろ)に
首都高を走行している際に水温計を見たところ、70度ぐらいでした。
※雨除けカバーなし、走行速度100~120km。


※※街乗りのデータですので、走るステージが異なる場合は
多少温度も変化しますので注意してくださいね。※※
========================




【RE雨宮 AD FOOD 9に交換した理由など】
実は、私のFDは前置きインタークーラーということもあり、
購入した当初から水温が上がりやすかったのです。

購入後、初めての夏に立体駐車場の上りで渋滞した際、
水温が見る見るうちに100~105℃になってしまったのを覚えています。
たしかロータリーは、120度でオーバーヒートになってしまいますので、
停車してからの水温上昇も考えますと、一刻も早く車を停めたいところでした。
(※それからは、遠回りをしても渋滞を避けようと誓いました←)

ボンネット内を高温にしてしまうと、少なからず各パーツにダメージを与えることになります。
外部の空気を入れ、熱気を排出しなければ、夏は走れないなと思いました...
(※町乗りでこれだから、サーキットじゃ・・・。)


冷却系で先に何をやるかと考えた結果...
外装(ボンネット)を変えれば、かっこよくもなるから一石二鳥!
ということで、RE雨宮 AD HOOD 9を購入しました!!←単純。

見た目のかっこよさから購入したものの、価格以上の効果があり大満足でした^^



このボンネットに交換してからは、エアコンをつけて水温を下げるということをしなくてもよくなりました。
(※とんでもない渋滞時を除く。)
(※トラスト前置きからARCの前置きに交換した効果も少しあると思います。
トラスト前置きはフロントバンパーの開口部を覆いつくしてしまうので)

今では、夏に暖かいエアコンを全開にして、必死に水温を下げていた時期が懐かしいです(汗



また、ボンネット一枚変えるだけで、こんなにもドレスアップされるのか!?
と、想像以上のかっこよさに驚きました。
(※車屋さんに持って行ったところ、写メを撮られるほどでしたww)


FD乗りの皆さんは体験したことがあると思いますが、
とにかくFDに乗っていると、周りからの視線を集めますよね。(ドキドキ
こういうダクト形状が多きいいボンネットにしますと、さらに目立ちます(笑

さらにさらに、小学生から「うぉーかっこいい!!」と言われ、手を振られます。

できるだけ、小学生の前をゆっくり通過するようにしているのは内緒←




また、私も心配であった雨の対応策もバッチリでした。
RE雨宮のボンネットは雨除けカバーが付いていますので、突然の雨にも安心して走行することができました。

いつも、もしもの雨の時のために、雨除けカバーを携帯しています。


雨除けカバー
※黄色っぽく見える花粉みたいなものは、カーボンの繊維です。
DSC_3908.jpg


ダクトをボンネットについている差込口へ刺し、ネジ2か所を締めて、留めてあります。
DSC_3910.jpg

DSC_3909.jpg


雨の中を走ったあとの様子
DSC_3931.jpg


雨天時の青空駐車や雨天走行後は、ここに水が溜まります。
そのため、必ず雑巾やボディーシートなどを使用して、水分を除去してください。
DSC_3932.jpg


走行後にボンネット内部を確認しましたが、やはり濡れていませんでした。
DSC_3933.jpg

エアクリも問題なし。
DSC_3934.jpg


ダクトがあるので、絶対とは言い切れませんが、
土砂降り雨(バケツをひっくり返したような雨は除く)以外で
通常走行している場合、ボンネット内に雨が入ることはまずありません。

電機関連や各部のパーツへの影響はなさそうです。



ただ、2点ほど気になる点があります。
〇雨除けカバーがエアクリーナーに干渉する
※メーカーによる!?
〇ウォッシャーホースのジョイント(三つ又)を用意するよう必要があるかも
※純正のを流用しようと思ったのですが、固くて取れませんでした←


私のFDはHKS レーシングサクションリローデッドを装着しているのですが、
雨除けカバーに少し干渉するようです。
DSC_3913.jpg


DSC_3912.jpg

こちらは以前使用していたオーナーがつけた傷です(笑
DSC_3911.jpg


エアクリが干渉しているため、ボンネットがしっかりおさまりません(笑
一応、エアクリ側の雨除けカバー(運転席側)を取り外せば、綺麗に収まるので特に気にしていません←
DSC_3906.jpg



純正ホース流用
純正ボンネットからジョイントとホースを取り外せば、問題なくつけられた気がします。
ちょっと忘れてしまいました。
DSC_3914.jpg

ウォッシャーノズル部分
私はウォッシャーをほとんど使わないため、かたっぽしかノズルを付けていません←
DSC_3915.jpg



【手入れ】
〇クリアーを吹く
〇車屋さんまたは専門店にコーティング的なものを依頼する。
〇保管方法に気を付ける。


色々方法はありますが、一番効果的なのは保管方法だと思っています。
私は、倉庫の軒下にシート(布団)をかぶせて駐車していますw
約一年ほどRE雨宮 AD FOOD9を使用していますが、手入れといったらカー用品店で売っているフクピカをシュッシュッとやって吹いているだけです。しかし、結構キレイです(笑

ボディシートも意外と馬鹿にならないです。
DSC_3901.jpg

DSC_3902.jpg


洗車やお手入れ方法はコチラで詳しく書いています。





最後に・・
通勤のみで使用されている方、ほとんどが純正でそろえている方は、そのまま純正ボンネットのほうがいいかもしれません。
前置きインタークーラー仕様のように特殊なチューニングをしておらず、町乗りであれば水温は安定するはずだからです。

なお、ボンネットのダクトが空いてる分、外の空気に触れやすくなるため、消耗部品の劣化は多少早くなると思います。
そのため、メンテナンスを重視するRX-7のショップは、RE雨宮のような大きいダクトが開いたボンネットを販売していません。

大きいダクトが開いているボンネットは、山や峠を走る方向けに作られているからです。
使用目的が異なります。

なので、購入する際は本当に必要かどうかよく検討されることをお勧めします。
※私でよければ、いつでも相談に乗ります♪






以上、RE雨宮 AD HOOD 9 カーボンボンネット のレビューでした。

そんなこんなで、今回は各部の写真をたくさん撮ってみましたww
参考になったらうれしいです♪

他にもこういう角度から、見たい!というリクエストがあれば、
コメント欄またはメッセージからお願いします^^






そうそう、ボンネットをオープンにした時もカッコいいんですよ。これ。
DSC_2865.jpg


うーん。最高
DSC_2867.jpg

DSC_3237.jpg




交換してよかったと改めて思うレスでした




RE雨宮 ボンネットの詳細はコチラ
ちなみに、塗装前提の方はFRPがオススメですね!






レス


Comments

Body

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ


FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT Carbon
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


DESSPEEDDES レーシンググローブ
FIA公認
<今後購入予定>
スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


01
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。