一生RX-7宣言

ロータリー乗りがRX-7(FD3S)のメンテナンス、トラブル事例、パーツレビューを中心に                                 峠、スポーツカー専門店など車に関連する様々な情報を発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RX-7(FD3S)にレーシングプラグを使うな! 純正同等のNGKプラグ BUR7EQP BUR9EQを使ってみたよ

こんにちはレスです。


ということで今日はプラグの話。


先日、久しぶりにプラグ交換を実施しましたので、ブログに書いておきます。



~準備するもの~

◇プラグ
プラグ一覧
L側 BUR7EQP 2本
T側 BUR9EQ  2本

プラグはいつものカメハウスより購入。
振込確認および発送が早く、対応も親切です。



◇ラチェットとソケット
ラチェットソケット

・KTC 9.5sq コンパクトフレックスショートラチェットBRC3FS
ラチェットはココ



・KTC B3A-20.8Pソケット
ソケットはココ



プラグ交換工賃が馬鹿にならないので、今後は自分でプラグ交換を行という方は、
ラチェットとソケットを持っていたほうがいいと思います。


このラチェットは、首の部分が曲がるタイプになります。
FDのプラグが刺さっている箇所は、手元がクソ狭くなりますので、
首が曲がるタイプのラチェットのほうが純正ラチェットよりも使いやすいです。


首を曲げた状態で絞めたり、いろいろ使えますので便利でした。
※他の整備でも使えますし、イイかなと思って買いました。






~プラグ交換手順~
今回はジャッキアップせずにボンネット側からプラグ交換をしていきます。


初めての方は、プラグの位置をよく見るということで、ジャッキアップしてウマをかけて、
下側からやってみるのもいいと思います。


私のFDは、オイルエレメントが移動してあるので、これを外して作業します。

パイプやそのほかもろもろ外したほうが作業効率は上がると思います!


私は面倒くさがり屋なので、プラグ交換ではここしか外しません←


移動式オイルエレメント






いや、もうFD3Sは狭いですよね。
上側からのプラグ交換は、ほぼ手探り。

それはもう、初のアレのように手探りで気持ちいいところを探していきます。

ただ、FD3Sは声を出さないので、難しいです。




さっそくプラグを取り外して新旧比較した図。
良い感じに焼けているのかどうかワカメですが、
こんな感じです。
プラグ焼け具合

良い感じに焼けているプラグは、キツネ色です。


ちなみに、プラグは一本ずつ交換したほうが間違えずにすみます。


交換したプラグ置き場となる純正タワーバー。
ぜってー、マツダの奴らはプラグ置きのために穴開けたと思います。
プラグ置き場




※もし、下側からプラグ交換を実施する際、プラグが固くてラチェットが回らない場合は、こういったパイプを
使用して、先っちょを持って回すと良いと思います。
パイプ



プラグ交換後は、しっかりプラグコードがプラグに刺さっていることを確認しましょう!




私は、R側のプラグ一本が固すぎて苦戦したため、1時間ちょっとかかってしまいました。
※恐らく、前回プラグ交換をした際に締めすぎました←


皆さんも、締めすぎには注意してください。
※最悪、エンジンを下すハメになります。


プラグ交換じたいは、慣れた方なら30分もかからずにできると思います!



ちなみに・・ボンネット側からプラグ交換した後は、必ずと言っていいほど腕がこうなります(笑)

腕へのダメージ


マシンそれぞれだと思いますが、ABSやらその他もろもろのパイプやタイラップやらがドMのあなたを責めあげます。







~今回、選択したプラグについて~

FD3Sには、リーディング側とトレーリング側の2カ所にプラグが2本ずつぶっさしてあります。

★google先生で確認したところ、各カ所の意味は以下の通り。
リーディング(leading)=主要、先導、前方
トレーリング(trailing)=けん引、追従、後方

★RX-7(FD3S)純正指定のプラグ番数は以下の通り。
年式H3.11~H5.1
L側 BUR7EQP
T側 BUR9EQP

年式H5.2~H14.8
L側 BUR7EQP
T側 BUR9EQ

とまぁ基本知識は、この辺で。



私のFDは平成9年車なのですが、今まで私は
L側 BUR7EQ
T側 BUR9EQ
を使用していました。


ところがよくよく調べてみると、平成9年車ですとL側はBUR7EQPというプラチナプラグを使用している
ことに気が付きました。(プラチナのP!)

というわけで、FD購入後初のプラチナプラグを購入してみたわけです。




~プラグとプラグコード交換時期のハナシ~

一般的にプラグ交換はオイル交換2回に1回
(約6000キロ前後に1回)

一般的にプラグコード交換は10,000万キロに1回

と聞いたことがあります。
(某ロータリーショップより)


上記以外の場合でも、私がプラグやプラグコードを交換する目安はこちらです。

○アイドリングがいつもより少し変
(不安定、信号待ちの時にアイドリングが400ぐらいまで下がったりする)
○アフターファイヤーがいつもより多い
○エンジンのかかりが
「キュキュ、ボン」→ 「キュキュキュキュ、ボン」になった

上記現象が発生した場合、とりあえずプラグを交換して、
それでもダメな場合は、プラグコードを交換するようにしています。

私は、前のオーナーがいつ交換したかわからないプラグコードを装着していたのですが、
プラグコードを交換したことによって、以前よりアイドリングが安定しました。


しかし、慢性的にアイドリングが不安定な方は、別の原因も考えられますので、車屋さんで調べてもらうことをお勧めします。
古い車ということもありますので、不調の原因はたくさん考えられます。

ちなみに、プラグコードがプラグにしっかりささっていないだけでも、アイドリング不調や最悪の場合はエンジンブローまであるそうです。




~純正プラグを進める理由~

私もスポーツカーと言えば、レーシングプラグと思っていましたが、違うようです。

サーキットをガンガン走る方以外には、純正をオススメします。
街乗りが多く、普段も回転を上げない車両にレーシングプラグを付けますと、かぶりやカーボン付着が多くなるので注意してくださいね。

車両の仕様や使用用途に合ったものをオススメします。



レーシングプラグを使用する場合、サーキットを走る時だけレーシングプラグを使用するぐらいがマシンにとっては良いようです。
(サーキット場への行き来は純正プラグぐらいの勢い)


ちなみにレーシングプラグは純正プラグよりも自己洗浄温度が高いです。
そのため、街乗りなどが多いとなかなか自己洗浄温度に達しないため、カーボンをうまく燃焼できずに、かぶったり、失火してしまうそうです。



私のFDは街乗り(ゴー・ストップ)が多いため、純正と同等のプラグを使用しています。

チューニングカーでも、純正プラグを使用していることもあるそうですね。
それぐらい純正は万能ということでしょうか。


ちなみに私は、純正の良さを知ってから社外強化パーツの良さを体感しなさいと後輩に指導するタイプです←




特に一度もプラグやプラグコード交換していない方、プラグを引っこ抜くとガソリンが付着していたりなんだりと、
小さいことにも気が付くことができますし、

最悪、タービンぶん回しているときにプラグが失火してブローなんてこともあるそうなので、
オイル交換同様にこまめに見てあげることが必要です。

エンジンの爆発を生み出してくれる起爆剤ですからね。

このプラグがしっかりしていないと始まりません。






2014年現在、純正同等のNGKのプラグとプラグコードを使用してますが、アイドリングも安定していて今のところ良好ですね。
NGKプラグコードはこちら

※前期・後期の違いがありますので、注意してくださいね。




いやー毎回思いますが、ほんとロータリー車はレシプロ車よりも
少し神経質になるぐらいの気持ちで乗ったほうがいいですね。
少し何かあっただけで、すぐ不調になりますものね。


楽しさを生み出してくれるのは、メンテナンスされたFD!

パフォーマンスを最大限に発揮できるよう、日頃の
メンテナンスは欠かせないようにしたいですね。



それでは!









レス

Comments

Body

 

(1) Car interior
 

 

(2)My Engine Room
 

 

(3) My favolite things
 
Profile

レスポール

Author:レスポール
アクセスありがとうございます。
関東に生息するRE雨宮パーツが大好きなロータリー乗りです。各地に出没しますので見かけた際には、声をかけてください☆
ブログで知り合えた方とツーリングやオフ会開催が目標です!相互リンクについても受付中です。
mixi,Twitter、みんカラに登録しています。

→詳しい自己紹介はコチラ

→管理人への相談・質問などの問い合わせはコチラ←

→オフ会参加依頼のご連絡はコチラ←

→RX-7のチューニング費用や購入資金を貯めたい方はコチラ
(僕の車仲間のブログに飛びます。)

Counter Punch
Must Item

FD3S FC3S ロータリー用
プラチナプラグ
エンジンのかかりが悪くなったらコレ
→レビューはコチラ


KTC 9.5sqコンパクトフレックス ショートラチェットBRC3FS
FDのプラグ交換効率アップ
→レビューはコチラ


NGK プラグコード
慢性的なアイドリング不調はここを交換
→レビューはコチラ


FEDERAL 595RS-R 255/40R17 送料無料
定番の前後255がカッコいい


RE雨宮 FACER
N-1 05MODEL
CLEAR WINKER付
やっぱりこれが一番カッコいい。
→レビューはコチラ




RE雨宮 CANARD-PRO UNDER SWEEP Carbon
雨宮バンパー付けたらコレ。
空力アップ
→レビューはコチラ




RE雨宮 OIL COOLER DUCT
上がりやすい油温対策に
<今後購入予定>


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT Carbon
水温が激変するイケメンボンネット!
→レビューはコチラ


RE雨宮 AD HOOD9 DUCT GARNE カーボン
コレを組み合わせることにより更にボンネット内の温度がさらに低下
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S スムージングフィンCF
純正ウイングの穴隠しにも
<今後購入予定>


RE雨宮 FD3S DIFFUSER-PRO Carbon
リアディフューザーはコレ!ボーテックジェネレーターと組み合わせて空力アップ
<今後購入予定>


KTS クラッチホース
車が路肩で往生する前に
→レビューはコチラ


DESSPEEDDES レーシンググローブ
FIA公認
<今後購入予定>
スポンサーリンク
Blog Firend Request
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


03
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。